平成19年1月〜4月

1月8日(月)



PM                       女性2名 子供2

成人の日

先日の爆弾低気圧の影響で天気が荒れ模様で作業が出来るか心配していたが、今日は穏やかで風もなく静かな成人の日になりました。

道路沿いに植えたあるガーベラの花が枯れて見苦しいので枯れ葉を根元から全部切り、枯葉は山の捨て場に運び片付けました。

又、先日以来山の杉の枝が道路などに散乱していたので、掃きだし清掃作業やもう蕾をつけていた春蘭を山の通路脇に移植したりしました。

子供達も新年早々来てくれてまして、杉枝を集めたり、スコップで土を掘り水仙の球根が出てきたら「玉ねぎ」が取れたと喜んだりと、楽しくお手伝いをしてくれていました。
1月12日(金)   佐野市市民生活部 市民活動促進課
  依頼があった広報にボランティアの活動団体紹介を掲載する文章を提出。
1月20日(土)


AM                            女性3
PM                            女性2

そろそろ道路脇の土留めの花壇の水仙やチューリップの芽が出始めるので、花壇の枯葉などをまとめ片付けや石拾いをして箕で石を山の捨て場まで持って行き、帰りには山の上にストックしてある肥料を箕に積んで、綺麗になった所に肥料をまく作業をしました。

午後は2人で作業をしましたが、思ったようにはかどらず、道路脇の花壇の半分位しか出来ませんでした。
1月21日



PM                       女性3名 子供2

昨日の続きで小さな草の除草や石拾いは手を加える程、小石が出てきて綺麗にするには本当にきりがないです。

今日でここの場所は終わりにしょうとうす暗くなるまで頑張りました。花壇を平らに均した後に肥料やりをしましたら見違えるほどきれいになりました。肥料もたっぷり与えてこれで準備万端です。これから芽を出すチューリップ・水仙・ガーベラ・アイリス等が楽しみです。

今日は作業時間が長かったので、お手伝いしてくれた頑張り屋の子供達も夕方には疲れてしまった様でした。明日学校大丈夫かな・・・?

2月3日


PM                             女性3

1月の大雨の時、山道が川の様になり下の舗装の道路の上に雨が止んだ後も、山からの泥と水が流れ落ち大変な状態でした。

驚いて何箇所か杭を打ち水の流れる方向を変えましたが、山道は泥が流れ落ち石がごろごろとむき出しになってしまいました。

山道も「ヤブラン」や「万年青」が植えてある所は株に覆われていた為に、土が流れ落ちなかった様です。「万年青」は枯れることなく一年中青く、株が大きくなれば泥除け効果にもなると思うので、山道に植えてある株と株が空いて居る場所に、株分けした万年青を大雨に備える為にも植え付けしました。
2月9日

PM                             女性1名

田辺園芸より電話を頂き、早速出かけ色とりどりの苗(出荷前)のを軽トラック1台分頂いてきました。いつもご協力して頂き、本当に感謝しております。

2月11日


AM                             女性1

赤見っ子フェステバル

AM10時より赤見小学校にて行われました。

発表会では赤見小学校の3年生が去年10月に「あかみ浅間の里」に訪れ、走り回ったり、きのこを見つけたり、一緒に色々な花や葉を摘んで光沢や香りを楽しんだりと、見て、触れて、感じた事を子供達がまとめ、今日の発表会では山の様子を11人が感じた事を発表してくれました。又、今回のフェステバルに「あかみ浅間の里」のボランティア活動に関心をもち、取り上げて頂いた事に感謝致しました。

2月12日




PM                             女性5

建国記念の日の振り替え休日の今日はパンジーの植えつけ作業をしました。まず、植付けする前に花の色のバランスを考え一通り置いてから、植えつける事にしました。数が沢山ありましたが、人数がいたので短時間の内に、道路沿いと山の入り口の両サイドに植える事が出来ました。カラフルな花色のパンジーがきちんと並びとてもきれいで明るくなりました。

パ ン ジ ー

パンジーは花壇、鉢、プランター、ハンキングバスケットに適し、花は半年以上も開花を続け、冬や早春の花の少ない季節に欠かせない花として重宝されています。

花色が豊富で、白、青、紫、橙、桃、赤に2色咲き、3色咲き、覆輪咲き、フリンジ咲き(波状弁)があり、大輪から小輪までバラエティー豊かに楽しめます。

又、病気や寒さに強く、花ガラは早めに摘み、少々肥料を与えておくと、容易に育てやすく、親しみやすい花です、優れた品種が多くなってきたパンジーは人目を引く美しい花です。

2月18日


PM                        男性3名 女性8

今日は午前中も昨日から降り続いていた雨が降っていたが、作業日なのでなんとなく皆が集まり昼食をし、お茶している内に雨が止みました。道路沿いに先日植えたパンジー(約300苗)が見事に咲いておりとても綺麗でした。作業が出来ると山に行き、今年も暖冬の為か山には福寿草や寒水仙・サンシュ・ノースポール・クリスマスローズ等が咲いており、ヒヤシンスも紫色の花芽が顔を出しておりました。枯れ枝を切ったり、名札が雨で消えたのをクレヨンが良いといわれ書き換えたり、杉葉の片付けや草むしりなど思い思いに作業しました。

社会貢献活動情報誌

佐野市の広報誌のシャイニング アイ(第2号)活動団体紹介の欄に「あかみ浅間の里」が掲載されました。

牡丹の花がきれいに咲いている写真と発足してまだ3年半あまりですが、季節ごとに里山が花で彩られ特に牡丹がお奨めとの内容の事が書かれておりました。
2月22日


PM                         男性1名 女性3

平成18年度 園芸福祉講演会

栃木県財団法人栃木県農業振興公社主催の講演会が、「とちぎ花センター」内の研修室で行われました。

社会福祉法人「希望の家」和久井隆講師による《花を活かした園芸福祉活動》の演題で園芸とは、園芸の効用、福祉とは、療法とは、学び・活動の場など実体験した事など心温まる内容の講演会でした。

花は癒しや心身の健康など多様な効用や魅力があり、私達が「あかみ浅間の里」のボランティア活動を始めたのも「花」との関わりからであり、今日は大変参考になりとても有意義な講演でした。
2月26日

岩やつで

PM                              女性2

牡丹の名札が消えたり、名札があるのにボタンが枯れて無くなっているもの等を調べたりしましたが、数が多いのでなかなか作業が進みませんでした。

夕方には冷え込み、寒くて手がかじかんでしまい名札の字も書けない状態なので、全部終わらなかったが次回に行う事にしました。
3月18日

貝母ユリ

PM                              女性5

今、ポピー入れ替わり水仙が次々に咲き出し沿道が黄色に色づきました。

浅間の里の裏道にスノーフレークが咲き出したのに枯葉に隠れてしまっているので、3人で街道を掃きだし集めた枯葉は腐葉土になるので袋に詰め込みました。

残り2人は前回の続きで牡丹の名札の整理などの作業を行いました。又、ムスカリを植えてある所がイノシシに荒らされたらしく、土が掘られていて球根などがむき出しになっていました。

ユリの球根が好きなイノシシだが、貝母ユリは大丈夫でした。目立たない清楚な花の貝母ユリはひっそりと静かにイノシシにわからないように咲いているようにも見えました。
3月24日(土)

水仙

PM                              女性1

彼岸明けの今日は明日雨の予報で今朝からどんよりと曇っていました。山では色々な水仙が咲きましたので、今日がみずやり無しで植えつけのチャンスと花が咲いているうちに白の香り水仙を昨年の続きで土手の縁沿いに1球づつ約10メートル位植えました。やはり予報通りに夜半より雨が降り出しました。

3月27日(火)

PM                         男性2名 女性2

一昨日起こった能登半島沖地震では、死者や負傷者また家屋の倒壊などの被害がありましたが、現地では今日もまだ余震が続いているようです。

午後また桐生の前原林産に杉皮を頂きに行き、軽トラックに山のように積み込みしてきました。
4月3日(火)

AM                             男性1
照 手 桃

去年、桃色の「照手桃」を植付けした苗木にきれいに花が咲きました。今年は白を購入しました。この桃の木は枝がホウキ状になるので場所を取らないので桃色の並びに植えました。照手桃は桃、紅、白の3色有るとの事です。牡丹の周りや山道に除草剤を散布しました。

4月6日(金)


PM 3時〜

朝日市民ニースのATさん来訪

去年市民ニュースに掲載しましたが、その後ボタンの花やボランティアの様子等どうでしょうかと聞きに見えました。春らしい素材のベージュ色のステキなスカーフを巻いたパンツスタイルの阿部さんがカメラ持参で山を散策しておりました。

花桃や水仙やチューリップなどの花が咲いておりましたので、きれいに手入れされていますねボタンの蕾も膨らんでいるので、この様子を今月の新聞に載せたいとの事でした。今日はATさんと亡くなったIS先生の話題になり、改めて惜しい人を失った悲しみを感じております。

4月7日(土)

PM                              女性2名

暖かくなったので花が咲き出し賑やかになりました。

源平しだれ桃が今年は見事に大輪の花を咲かせ、その木の下には「花ニラ」の白とブルーや「鯛つり草」の白と桃色の花やスミレなどが咲き乱れとてもきれいです。入り口付近の草むしり作業を2人で行いました。

4月8日




AM                              女性2

宇都宮のMさんご夫婦が先週来た時に色々頂いたのでと、今日は乗用車に沢山花の苗を積み込んで持ってきてくれました。

二人共お花が好きで主に山野草が好みだそうです。丹頂草・ショウジョバカマ・

春蘭・ヤブラン(黒実)・ツルニンジン・白雪けし・ヤグルマソウ・ダイコン草・レンゲショウマ・とりかぶと・ミニこでまり・わさび・斑入りミニうつぎ・日本桜草・ユリ・えびね・レンギョ・雲南黄梅・・・・・などたくさん頂きました。

Mさん夫妻は最初「皇帝ダリア」を見に来訪し、その御縁で何度か宇都宮から、わざわざ訪れてくれております。

又、有りがたい事に植付けまで手伝って頂き、本当にご苦労様でした。メンバー達もとても感謝しております。

4月10日(火)

AM                             男性1

朝日市民ニュースに掲載されるとの事もあり、山道の清掃や枯葉の片付け作業を行い入り口付近から見ても枯葉などが無くきれいになっておりました。色々花が咲き出しましたが、昨年植付けした「やまぶき草・一輪草・二輪草」が咲いていたのでとても嬉しかったです。

4月13日

AM
アレナリア・モンタナ(コケツメクサ)

ナデシコ科の宿根草で耐寒性が強く、ほふく性がありグランドカバーとして楽しめる小面積向きの花です。緑の葉に純白の清楚な花が美しく映えます。背丈が低い花なのでカバープランツとして入り口の階段の脇に植付けしました。

4月14日


AM                        男性1名 女性2
PM                        男性1名 女性1

片付けして、まとめた杉葉などの枝などがゴミ捨て場に溜まっておりましたので、丁度静かな良い天気な為、早朝に燃やしましたが午後になってもまだ煙が出て、火がくすぶっておりました。

段々温かくなり草も生えだしたので、今の内は草も小さいからと草むしりを始めましたが、色々な花芽も生えだしたので、注意しながら草むしりをしました。

入り口の階段の縁には、先日頂いた日本桜草の可愛い花を植えましたら中に、1本珍しい白色の桜草の花がありました。
4月15日(日)






AM                        男性3名 女性1
PM                        男性5名 女性3

そろそろ花見に来訪者が来る事を過程し、昨日に引き続き草むしりと大きく膨らんだ牡丹の蕾に支柱をしてあげなければならないので、男性人は朝から山に支柱用の竹を採りに出かけ沢山抱えて来ました。

午後は手分けして、牡丹の木にそれぞれ蕾の数だけ支柱をし、ビニールの紐で縛り付けましたが、数が多いので大変だったようです。又先月株分けし植付けする予定だったガーベラを、やっと今日植える事が出来ましたが、もう早い株は花が咲き出していました。

はやとうり

うり科の一種で、つる性で4〜5月に植え、棚や木・フェンス・アーチなどにはわせる。夏に花をつけ9月下旬ごろから晩秋まで収穫できる(100個以上)大きくならない内に収穫し漬物などにして頂き、冬は盛り土をする。昨年収穫した「はやとうり」から芽が出てきたので山の築山の上に植えました。
     

4月22日

AM今朝の朝日市民ニュースに昨年同様に「あかみ浅間の里」の様子が掲載されました。朝日市民ニユースの人が、ボランテァのメンバー達が、今も変わらず集まって皆が仲良く楽しそうに、郷土の為に貢献している姿は美しく、すばらしいことですね、これからも大変でしょうが、頑張ってくださいとの事でした牡丹の満開には少し早いが、でも早咲きの牡丹は咲きだしており、新聞を読んで訪れて来た方が何人かいたそうです。昨日は佐野農協の池田様がボーイスカウトの子供達を連れて来訪。子供達はそれぞれ山を散策したり、写生などをしていたとの事です。メンバーの仲間達が海外旅行に出掛けているので今週は作業中止にしました。

         
4月28日(土)






AM                        男性1名 女性2

昨年同様、またメンバーの人が「ノボタン」・「紫陽花」・「紅かなめ」を鉢植えにして、花を見に来た方に差し上げるようにと沢山持ってきてくれました。又、「サボテン」・「はやとうり」・「ハラン」その他も来訪者にと準備しておいたので、東屋の入り口に置き、たっぷり水をあげておきました。

PM                             女性4

牡丹が咲き始めたのに道路脇のチューリップや水仙の葉などで、折角咲いたガーベラなどが隠れて見えないので午後はきれいに枯葉や周りの草などをむしり、さっぱりしたら、牡丹・パンジー・ガーベラが引き立ちとてもきれいになりました。途中、雷を伴った雨が降り出した為、作業を中止して皆でお茶休みをしていたら、雨が上がったので、再び先ほどの続きや後片付けをしましました。

斑入ふき

葉に黄白色の斑が入る珍種で、葉だけでも色に変化が有りきれいです。

日陰でよく育ち重宝され野趣味でおもしろい。

観賞用の他、春のフキノトウと茎が食用にもなる楽しみな山菜の一つです。

以前植えたのですが、少なくなってしまったので、今度は山の隅のほうに植てみました。
4月29日(日)




PM                   男性2名 女性3名 子供2

花見に備え、伸びた雑草の草むしりや山道の清掃や又、邪魔になっている杉木の枝を高枝バサミで切り落としたり、メンバーのお孫さん達が除草した草や枝木などの片付けを2人(小学生)で、祝日だというのに手際よく最後まで作業を手伝ってくれました、兄弟の協力的な行動に感謝し又、感心させられました。お陰様でとても明るくきれいになりました。

スモークツリー
若木から花をつける新種で、今人気の高い庭木のひとつでもある「スモークツリー」ピンクファーと白色で弁外が淡桃色のヤングレディの2本を植えました。
花は5月から10月と長期間咲き、樹高は1〜1.5m位になります。
蕾を沢山つけているので、今季もしかしたら花が見られるかも・・・・・?

    

4月30日(月)


AM                             女性2
PM                        男性2名 女性4名

午前中はもっぱら草むしり作業だが来訪者が来るとお茶を出したり、ノボタンを差し上げたりと作業の方は・・・・・?

午後は入り口付近を中心に除草や増えすぎた宝鐸草の間引き作業などをし、今日の作業で大分きれいになったので、5月の連休に花見に来られても大丈夫です。

東屋の入り口の藤の花が今満開で作業をしていても藤の香りやウグイスの鳴き声がしていて、とても心地良く作業が出来ました。又、その花に囲まれた東屋でのティータイムは時を忘れてしまいそうでした。