平成18年11月〜12月

11月7日(火)

皇帝ダリア

どんな花が咲くのだろうと心待ちにしていた皇帝ダリアが咲きました。

5月に植えた苗は見る見る大きく成長し、4メートル位の高さになり花が上の方で下を向き咲いていますので首を曲げ見上げて見ますが、バックの空のブルーとダリアのローズピンクの色がとても鮮やかできれいです。
11月9日(木)

PM                          女性3
先日(11月7日)北海道佐呂間町で発生した竜巻で9人の死者と大勢の犠牲者がでましたが、佐野でも物凄い風が吹きました。その為今日山に入ったら杉の枝が風で吹き飛ばされあちこち物凄い量が散乱していました。19日には親子ウォークラリーが有り此処を利用するのでそれまでに少しでもこの散らかったいる杉の葉を何とかしなくてはと思っているのだが・・・・・
支援者の人からハランや百紅花・段菊・黒龍・エゴノキ等頂いたので植付けし、山道の縁取りがしていない所に斑入りのヤブランを株分けし植付けしたら、少し形が良くなりました。

11月16日(木)

下野新聞社 来訪
佐野支局記者の藤井達哉さんが「皇帝ダリア」があかみ浅間の里に今咲いていますと購読者の方からTELを頂いたので花の写真を撮らせてくださいと来訪。

11月17日(金)

週末に掲載かと思ったら今朝の下野新聞に薄紫の花堂々と・皇帝ダリア見ごろにというタイトルで早速掲載されました。午前9時頃から問い合わせの電話が鳴り出し、お昼ごろからは場所が分からずやっとたどり着きましたという方達が、ちらほら遠方より訪れてきました。山道に落ちてちらかっている大量の杉の葉がとても気になります。

11月18日(土)

AM                       男性1名 女性2
新聞に掲載された事や明日の親子ウォークラリーの事もあり、3人で花壇や山道に落ちている杉葉を集め入り口付近で燃やしました。乾燥しているのでパチパチと音をたてすぐ燃えてしまいました。ダリアを見に来た人が見かねて少し手伝ってくれました。
PM                       男性1名 女性2
午後には見違える程きれいに片付き、山道や階段など竹ホーキで掃きましたので誰が見に来てもこれで安心です。

11月19日(日)

AM                       男性1名 女性3

折角楽しみにしていた日曜日だが今にも振り出しそうな天気でした。午前中は頂いた「ユリ」の球根の植え付けや皇帝ダリアを見に来た方に説明などしていたが途中雨がポツリと降り出し、親子ウォークラリーが何組が来たが休まず帰って行きました。午後雨にもかかわらず何人かの人達が傘を差して見に来ていました。
11月23日(木)

AM                            男性1

ここ何日か色々な方達が皇帝ダリアを見に来ているので、少しでも綺麗にと朝から草むしりをしてまとめて燃やしました。祝日なので西那須や鬼怒川からわざわざダリアを観る為にだけ訪れてくれた人達がおりましたが、これまでも皆場所が分かりにくいと話しておりました。

11月24日(金) 築山の縁取りに「春欄」を植えようと朝の内に土を掘り起こし明日1人来る予定なので準備をしました。
11月25日(土)

PM                            女性2
午後より昨日の続きで、築山と山道との境に春欄を植え付けしていましたら次々と皇帝ダリアを観に来る方が来て、お話や説明等をしたりしていたのでなかなか思ったように作業が出来ませんでしたが、今日は愉快な方達の訪問で私達も楽しかったです。

11月26日(日)

PM                            女性2
イノシシが出没!!!
朝から肌寒い日にもかかわらず鹿沼から来た方などは皇帝ダリアの花を見て感激し、ずっと山をご夫婦で仲良く散策しておりました。
午後はサルビアの種取りをする為枯れかかったサルビアの花を摘みました。その後は昨日の続きとでもしようとしてその前に山をひと回りしていたら「あやめ」を植えてある場所が根こそぎ掘り起こされてめちゃめちゃになっていました。「イノシシ」の仕業らしい事が分かり、大変だと別の場所にあやめや春欄を移したりし、二人で夕方うす暗くなるまで作業をしましたが、水やりまで行かなかったが雨が降りそうだったので天に任せて作業を終えました。
「イノシシ」は電気を怖がるとの話を聞いたので、ガーデンライトを3個設置してみました。
夜、9時過ぎ雨が降り出しました。これで今日沢山植えた花が根付く事で少しほっとしました。

12月2日(土)

PM                        男性2名女性3
作業をするつもりだったが、ダリアを見に来た人達と話していたら遅くなり、寒く風も吹き出したので作業はしませんでした。
今年こそは「浅間の里」の人達と忘年会をしましょうとの話がでました。

12月4日(月)

今朝起きたら大霜だったので心配になり「皇帝ダリア」を見に行ったら残念な事に葉は霜でよじれ花はしぼんで下を向きベージュ色に変色していました。昨日まで綺麗に咲き皆を楽しませた花も一夜にして惨めな姿になってしまいました。昨日見えた人は押し花をやられていて花が終わりそうになったら頂きたいので9日(土)に来ると話していたがその前に花が枯れてしまいました。
でも「皇帝ダリア」の花は花期が長く約1ヶ月間楽しむ事が出来ました。

12月9日(土)

PM                            女性3
天気予報通り夕べより雨が降り出しており今日は作業は出来ないと思っておりましたらメンバーの1人より電話があり、小降りだから午後もこの位の雨だったら先日買った牡丹を植えてもみずやりはいらないしやりましょうと言う事になり、3人ともだるまさんみたいになり完全防備の服装で作業開始しました。まず霜で枯れた皇帝ダリアを根元から切り、節と節の間を先まで切り、細かく切った軸は挿し芽でつくとの話でしたのでゴミ捨て場の横の風が当たらない場所に植えてみました。それから小雨になったので枯れて駄目になったメンバーや支援者の牡丹を植付けしました。

12月10日(日)

PM                            女性3
昨日雨だったので今日は良い天気なのでと作業に見えたので、昨日出来なかった皇帝ダリアの上に落ち葉をさらってかぶせました。今日も新しい「イノシシ」らしい足跡の痕跡がありました。

12月16日(土)

PM                            女性1
明日の作業の準備で杉皮を飛駒から山越えで桐生の前沢林産に頂きに行きましたら、急にお葬式が出来て機械のオペレーターがいないとの事でしたが、折角行ったので手積みで夢中で夕方までかかったがトラックに積み込むことが出来ました。まさか自分で積み込みすると思わなかったので杉皮の細かいのがセーターや靴の中まで入ってしまっていたが最後にあちらの人が車にロープで落ちない様に結わえてくれましたがトラックの荷台を見て自分でも良く積めたと驚きました。

12月17日(日)

PM                  男性4名 女性7名 子供2
もうすぐ暦の上では冬至というのに暖かい日曜日でした。ピンクネコヤナギの株分けや牡丹苗の周りに細かい草が生えない様に新聞紙を敷きその上に昨日の杉皮をトラックから降ろして敷き詰めました。
これで来年は草むしりが少しでも内場になればいいのだが・・・・?
人数がいたので手際よく出来また子供達も元気に走り回りながらこまごまとお手伝いをしてくれ助かりました。早めに作業を終え温かいけんちん汁や大判焼きなどを食べながら浅間の里の事やらいろいろな話などをした今年最後の作業日でした。
ご苦労様でした又、来年もよろしくお願い申し上げます