平成26年度前期(2014)

1月19日(日)

初作業日の今朝は庭が風花で白く積もっており時折、冷たい風が吹いておりました。
北陸の方は相変わらず断続的に雪が降り続き、寒い冬を過ごしている様です。山での作業は、先日提出した2ヵ所の書類の件もあり、牡丹や白のヤマブキの種をポット蒔きし、その後は新年の顔合わせ方々ミーティングを行いました。年会費の件や一年度は以前1月〜12月が今年から4月〜翌年3月までとし会計は昨年と同じ小山さんに依頼しました。217日(月)に行われる【景観まちづくり講演会】は現在のところ11名参加予定とのことですので、折角集まるので講演会終了後、引き続き新年会を行う事など、今年の予定等の話し合いをしました。

2月16日(日)

先週と今週末と大雪が降り、各地で記録的な積雪量を観測し最高記録を更新とのことです。
甲府では積雪114cmも積り各地で、交通ダイヤは混乱し雪の影響で玉突き事故や立往生・孤立・配送センターやカーポートが崩壊したり、スーパーでは商品が無い等と大変な状況との事です。
あかみ浅間の里も真っ白の雪で覆われており、もちろん今日の作業は中止です。

2月17日(月)


PM 男性6名 女性10名

「景観まちづくり講演会」   PM 2時〜  佐野市中央公民館3階ホール
阿部貴弘講師(日本大学准教授)による中心市街地の景観まちづくり〜いきいきとした、賑わいある中心市街地に向けて〜の講演を聞いて、佐野市の中心市街地も新庁舎と調和した緑豊かで活気あるまちなみ景観が望ましいと思いました。

「新年会」
今年の席順は誕生日順にテーブルを囲み、美味しい料理を食べながら昨年、自然や歴史文化との融和性に重点を置いた景観審議会の審査が行われ、自然景観の保全や貢献度が評価され受賞しました。「景観賞」の喜びや、芸達者のメンバーと一緒に踊ったり歌ったりし、楽しい時間を過ごしました。
  

2月23日(日)

関東地方を覆った大雪は今日もまだ日陰では雪が残っており、ニュースでも多くの車庫が雪の重みで倒壊したのや孤立状態とか、いまだに深刻な被害が出ております。
あかみ浅間の里も、雪の重みで花木が折れたり、松や杉の大きな枝が落ちて山道などあちこちに散乱している状態です。

3月16日(日)




PM  男性2名 女性7名
今年は厳しい寒さや大雪の影響で桜の開花も2週間位遅れて咲くとの予報です。
山の方でも雪の影響で散乱していた沢山の木の枝の片付けや、これから次々と花が咲き出してくる花の為に除草や施肥作業を行いました。
枯れている松の木が危ないので切り倒し伐採し片付けたら、かなり大木だったので明るくなりました。





4月15日(火)

白妙さくら


源平シダレモモ


チューリップ


関山さくら(八重咲)
綺麗だった水仙や椿も終わり今、あかみ浅間の里に咲いている花 

イチリンソウ

花ニラ(白・青)

雲南黄梅(雲南黄梅)

ボケ(赤・橙・白ぼかし)

タイツイソウ(ケマンソウ)

シラユキゲシ

紅花(トキワマンサク)

(ツルニチソウ)

彼岸桜(八重咲)

御衣黄桜(ギョイコウ)

ヤマブキ(黄・白・班入り)

カイドウ
 
4月20日(日)


PM  男性3名 女性6名綺麗に咲いた水仙・チューリップや花木の所を除草し小石等を取り除き、培養土をたくさん入れました。ボタンも蕾が膨らみ、これから花が咲きだすので楽しみです。




 
4月21日(月)

PM  女性3名 子供2名
朝の内は霧雨が降っており、肌寒い一日でした。
咲き終わったチユーリップの花がら摘み、子供達もお手伝い・・・?
そろそろボタンも咲き出すのでボタンの苗木の周りの除草作業を行いました。

  
 

4月27日(日)

AM  男性1名 女性3名
今年も里山に殺虫剤(EPN乳剤)を散布
持続性のある有機リン系の殺虫剤で広範囲の害虫に有効で各害虫の同時防除が可能との事です。
ペチコート水仙の植付け作業。

4月28日(月)

AM 女性3名
花見の来訪者も手伝ってくれ、姫うつぎ・山吹(薄黄色)や球根が密集して大きくなっている水仙等を株分けし、植え付け作業

ペチコート水仙

葉が細く、地面に沿う様に出て花茎の先にペチコートに似た可愛い花が咲きます。

強健で毎年たくさん咲き草丈1015p位です。

4月29日(火)

PM        昭 和の日               女性2

予報では明日は朝から雨との事なので植付けチァンスで土手の下に48株植付け。

タイム(thyme)

さわやかな芳香を持つ常緑の多年草植物で葉は5mm程で細かく枝に密生し、繁殖力は旺盛で春〜初夏にピンク色の可愛らしい小さな花が枝先に咲きます。

地面を覆うのでグランドカバー向きだと思います

5月4日(日)
今年もきれいにバラやボタンの花が咲き花見に訪れウる人々
  
5月12日(月)

女性2
咲き終わったボタン苗の花殻を切り取り作業、ボタン苗を1m位間隔をあけ根元に肥料を沢山入れ込んでから植付けしました。植付け後はふたりで、雑草抜きや山の管理作業を、行いました。